QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
privresy

2018年03月27日

ストレッチの効果と注意点

ストレッチは、運動を行う前の準備運動の一つとして、とても重要な役割をはたしていますし、肩こり・腰痛・膝痛などの予防・改善にも効果的です。



ストレッチを行うことによって、凝り固まった筋肉がほぐれ血液の循環か良くなります。また、身体をウォーミングアップさせることで、怪我を予防し、各トレーニングの効果を高める事ができます。




そして、クールダウンとしてのストレッチは、筋肉の疲労をとったり、後に残さない効果があります。




ウエイトトレーニングにおけるストレッチは、ウォーミングアップよりもむしろクールダウンとして、しっかり行う方が重要です。




ストレッチを定期的に行うことで、柔軟性が高まり、日常生活が健康的に過ごせるようになります。




筋肉をリラックスさせるだけで心身の緊張がほぐれ、美容、運動、肩こりや腰痛などにも効果を発揮します。ストレッチングで、心身をリフレッシュしましょう。



すなわち、



■筋肉をときほぐして、血液の循環が良くなる。




■関節や筋肉を柔軟性を高めて怪我を予防する。




■筋肉の疲労をとったり、後に残さない効果がある。




■血液の循環が良くなることで、脳にも血液が行き渡りリラクゼーション効果がある。
但し、いきなりストレッチをはじめるのではなく、かるくウォーキングやジョギングを行って、身体を温めてから行いましょう。




ストレッチといえども、身体が温まる前にいきなり行うと、筋や腱などを痛めてしまう恐れがあるからです。



注意点としては、



■運動の前と後の両方行うこと。




■反動を付けないようにする。




■呼吸を止めないで、自然にリラックスして行う。




■無理のない範囲で、伸ばした動きを止め持続させる。




■伸ばす筋肉に意識を集中させる。




■いきなりストレッチを行わず、ウォーキング後や風呂上りなど身体を温めてから行う。


ストレッチと筋肉の関係


同じカテゴリー(健康)の記事
 肥満の敵は肝臓 (2014-10-01 09:13)

Posted by privresy at 08:30│Comments(0)健康
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ストレッチの効果と注意点
    コメント(0)