QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
privresy

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2018年03月27日

ストレッチの効果と注意点

ストレッチは、運動を行う前の準備運動の一つとして、とても重要な役割をはたしていますし、肩こり・腰痛・膝痛などの予防・改善にも効果的です。



ストレッチを行うことによって、凝り固まった筋肉がほぐれ血液の循環か良くなります。また、身体をウォーミングアップさせることで、怪我を予防し、各トレーニングの効果を高める事ができます。




そして、クールダウンとしてのストレッチは、筋肉の疲労をとったり、後に残さない効果があります。




ウエイトトレーニングにおけるストレッチは、ウォーミングアップよりもむしろクールダウンとして、しっかり行う方が重要です。




ストレッチを定期的に行うことで、柔軟性が高まり、日常生活が健康的に過ごせるようになります。




筋肉をリラックスさせるだけで心身の緊張がほぐれ、美容、運動、肩こりや腰痛などにも効果を発揮します。ストレッチングで、心身をリフレッシュしましょう。



すなわち、



■筋肉をときほぐして、血液の循環が良くなる。




■関節や筋肉を柔軟性を高めて怪我を予防する。




■筋肉の疲労をとったり、後に残さない効果がある。




■血液の循環が良くなることで、脳にも血液が行き渡りリラクゼーション効果がある。
但し、いきなりストレッチをはじめるのではなく、かるくウォーキングやジョギングを行って、身体を温めてから行いましょう。




ストレッチといえども、身体が温まる前にいきなり行うと、筋や腱などを痛めてしまう恐れがあるからです。



注意点としては、



■運動の前と後の両方行うこと。




■反動を付けないようにする。




■呼吸を止めないで、自然にリラックスして行う。




■無理のない範囲で、伸ばした動きを止め持続させる。




■伸ばす筋肉に意識を集中させる。




■いきなりストレッチを行わず、ウォーキング後や風呂上りなど身体を温めてから行う。


ストレッチと筋肉の関係
  


Posted by privresy at 08:30Comments(0)健康

2014年10月01日

肥満の敵は肝臓

年をとっていくにつれ、気になるのが「物忘れ」、「記憶力の減退」、「認知症」など頭の健康ではないでしょうか?そこで、健康な脳を保つためのおすすめの食べ物を紹介します。ベスト3を紹介します。
■オメガ3脂肪酸
オメガ3脂肪酸は、サケ、サバ、イワシ、サンマ、うなぎ、まぐろ、ぶりなどの魚やフラックスシード、くるみなどに含まれますが、加齢に伴う記憶力の減退を防いだり、アルツハイマー病を防いだりする働きがあるといわれています。この中には、安価な魚も多く、スーパーで簡単に購入できるものが殆どです。
■ターメリック
ターメリックにはアルツハイマー病のリスクを減らす働きがあるとされています。ターメリックはカレーの材料に使われます。カレーにちょっとだけターメリックを加えてみてください。4人家族分なら小さじ1が目安です。
■しょうが
しょうがには抗炎症作用があり、この作用がアルツハイマー病のリスクの軽減に関連しているといわれています。様々な炒め物、魚の煮付けなどによく合います。

失敗しない看護師転職
  


Posted by privresy at 09:13Comments(0)健康

2013年10月23日

体の元のもとは腸!!

人の腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が住み着いており、その細菌は「腸内細菌」といわれています。この腸内細菌の主な役割は、有害なものが腸に感染するのを防ぐ、免疫の働きを活性化する、腸の免疫の仕組みを刺激して免疫の働きを活性化する、消化を促進することです。
このように、腸内細菌が体に良いものと悪いものを区別し、有害なものは排除するといった仕組みは、腸内の細菌によって調整されているといわれています。すなわち、腸内細菌のバランスが保たれることによって、免疫の仕組みが正常に働くのです。
逆に、細菌の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると、免疫機能が低下して病魔に侵されやすくなるわけです。
理想的な腸内環境は、乳酸菌などの善玉菌がおよそ90%、大腸菌などの悪玉菌が10%というバランスだと言われています。
従って、腸内細菌を健常な状態に維持することは、健康を維持していくうえでも、また、病気の予防や老化防止などに役立つで上でも大変重要な問題です。
その為には善玉菌をできるだけ多くし、日々、腸内細菌のバランスを整えてあげる必要があるのです。腸内細菌」が病気になると、私達も病気になるのです。

肌に優しい脱毛後の手入れ
  


Posted by privresy at 13:37Comments(0)